森宮里稀のお絵描き日記

デジタルイラスト練習中の主婦のお絵描き日記。他にアナログや雑記など

【鬼滅の刃】冨岡義勇デジタルイラスト  ~少しの見直し~

 

こんにちは。

 

里稀(りき)です。

 

 

昨晩は、落書き程度にでもと思い水柱 冨岡義勇さんを描きました。

 

私は、救われないくらいの遅筆なんですが、不思議と、はかどる時ははかどるんですね。

 

楽しくお絵描き出来ました。

 

このような感じに仕上がりました。

 

f:id:xmorimiyarikix:20211128184026p:plain

水柱 冨岡義勇

 

Twitterだけではなく、ついでにpixivにも投稿しました。

 

 

ですが、翌朝見返してみて、はなはだ焦ってしまいました。

 

一番、気をつけなければいけない顔まわりが雑すぎる…。

 

描いている最中は、「1影、2影、3影…」と、手順を踏んでやったつもりだったのですが、後から見たら汚いだけでした。

 

 

Twitterのツイートはひと先ず良いとしても、pixivは赤面ものです。

 

うんもすんもなく、修整に取り掛かりました。

 

 

このくらいには、何とか直せました。

 

f:id:xmorimiyarikix:20211128224218j:plain

修正後

 

 

恐らく、一見さほど変わり映えはしていないように見えるかと思いますが、何度、pixivに投稿し直したか分かりません。

 

今、パソコンでこれを書いていますが、スマホに持ち変えた途端、イラストのアラがばっちりと目についてしまいショックを受けます。

 

 

顔まわりを整えただけで、余程ではない限り、他の部分がほぼどうでも良くなってしまうくらいに、重要な作業なのだそうです。

 

これからも、十分に気をつけたいと思います。

 

 

因みに、正直、あまり上達を感じることなく今まで来てしまいました。

 

f:id:xmorimiyarikix:20211128195019p:plain

約四ヶ月前の作品 冨岡義勇

 

これは、四ヶ月くらい前に描いたイラストですが、現在は、このような彩度の高い色はかろうじて使用しなくはなりました。

 

 

一番の課題は変わらず、如何に不得意な線画を綺麗に描くかです。

 

 

プロの方々の意見は一貫しており、「絵は、沢山描いても上手くなるということはない」としています。

 

枚数の問題ではなく、手癖(良く言えば個性)で絵を描き続けても上達は見込めないというお話です。

 

この辺りで、いつも少なからず戸惑います。

 

 

それでも私が良くやるのは、二次元、写真などに関わらず、部分的にでも、自分で考えて描くことはないだろうと思われる構図や、心を動かされる構図などを見かけてはデッサンすることです。

 

その際は、なるべく簡素に、綺麗に見えるよう心掛けています。

 

 

今後も、ソフトや塗りの勉強をしながら、そして、飽きないよう(私の天敵です笑)工夫しつつ地道に努力して行きたいと思っています。

 

 

それでは、そのうちにまた<(_ _)>

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。