森宮里稀のお絵描き日記

デジタルイラスト練習中の主婦のお絵描き日記。他にアナログとか雑記とか

【鬼滅の刃】冨岡義勇 デジタルイラスト リメイク


~今日も今日とてデジ絵リメイク~

 

 

こんにちは。

 

 

今回は、鬼滅の刃、水柱 冨岡義勇さん単体の二次創作デジタルイラストのリメイクを載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今月、Twitterに投稿したのがこちら。

 

だいぶ自分色が入った微妙な絵面になっているのが気になります。

 

因みに、自分色が入っていることよりも、微妙な感じがしてしまうことが問題です。

 

 

プロになりたいといった目標は立ててはいませんが(おこがましい)、いくら一見上手く見えても素人の絵は素人のものと分かってしまうのだそうです。

 

その辺りは極力克服する方向で行きたいなと考えています。

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719064709j:plain

水柱 冨岡義勇。7月4日にツイートしたもの

 

 

 

・気になるところをチェック

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719083713j:plain

 

 

① 髪のハイライトはこういう形では入らない。

 

② もう少し左目と大きさを合わせたい。

 

③ 上唇はここまで厚くしなくていい。

 

③ 光源が左斜め上だとすると、この場所に影は入らない。特に羽織の脇の外側。

 

 

 

 

・では、描き直し

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719154110p:plain

リメイク後



 

冨岡義勇さんには無表情が似合いますが、最近おぼえた目の描き込みも取り入れてみました。

 

男性なので女性キャラのようにキラキラしていなくて良いんですが、義勇さんは目と黒目(日本人なのに青い目の持ち主ですが)が大きいので以前よりも描き込み量を増やしてみました。

 

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719155232p:plain

目元のアップ

スマホの場合、見にくいので少し拡大してみて下さい

 

 顔をアップにしたイラストではないので、ここまでの描き込みは必要ないと言われそうですが、色々なプロのイラストレーターの方々の絵や意見を参考にさせて頂いています。

 

今は、youtubeでデジタルイラストについての動画を気軽に観られるので良い時代だなと思います。

 

 

 

 

・ここで、ちょっと冨岡義勇さんについてのお話

 

こんなにも原作とアニメで顔つきが異なるキャラクターというのも前代未聞でしょうけれど、パッと見よりも案外と縦にも目が大きいです。

 

アニメでは、ボリュームのある独特な顔に覆いかぶさるような癖っ毛で、その影が目のほぼ半分近くにまでかかっています。

 

その為、さほどぱっちりとした目の持ち主だとの印象がありません。

 

暗い過去を一人きりで内面に抱え込んだ寡黙なキャラだというのが外見からも伺えます。

 

原作からどのような案によりキャラクター設定されたのか定かではありませんが、関わったアニメーターの方々を尊敬せざるを得ません。

 

 

 

 

・早く言ってほしかったと思ったこと

 

 話が変わりまして、つい一昨日知ってショックをうけたことがありました。

 

お絵描きソフト CLIP STUDIO PAINTと、今時流行りのアイビスペイントやメディパンの大きな違いは「ベクターレイヤー」があるかないかです。

 

ベクターレイヤーは線画を描くのに特化したレイヤーで、線が制御点で管理されているので拡大しても劣化しないという特徴があります。

 

CLIP STUDIO PAINTを使用している以上、線画はベクターレイヤーに描くものだと思い4ヶ月前から頑張って来た訳なのですが、ある尊敬している内のイラストレーターさんが、時間がかかりすぎて大変だったという理由から図形などを描いたりする以外はラスターレイヤーを使っていることが判明。

 

今現在も悶々としております。

 

これは自分で検証して、やはりベクターレイヤーが良いのか、それともラスターレイヤーのほうが好ましいのか決めるしかないですね。

 

 

 

 

それにしても、本当にお絵描き人口が増えましたね。

 

私もその一端をになっている一人だというのが一番信じがたかったりしますが。

 

 

 

 

それでは、そのうちにまた<(_ _)>

 

 

 

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。