森宮里稀のお絵描き日記

デジタルイラスト練習中の主婦のお絵描き日記。他にアナログとか雑記とか

【鬼滅の刃】水柱 冨岡義勇・錆兎イラスト

鬼滅の刃絡みのお話~


今週のお題は、

「住みたい場所を教えてください」

ということで夏の暑さをしのぐのだったら『鬼滅の刃』に登場する狭霧山でしょうか。


主人公の竈門炭治郎が修行した所ですね。



かつて水柱の冨岡義勇さん、そして親友の錆兎も同じく修行しています。


ただし冬の寒さが厳しそうなので秋以降はもっと南下したいものです。




f:id:xmorimiyarikix:20210707034215j:plain

f:id:xmorimiyarikix:20210707034238j:plain
漫画のネタのワンシーンとして思いついたもの


これ、実は目に10枚レイヤーを使用しているのですが、レイヤー1枚に濃い青と黒目、白っぽい部分だけで着色したもののほうがすっきりして見えました。
手をかければ良いというものでもないんですね。


「ところで、何故、羽織だけ?」

お好きなシチュエーションで想像して下さい。

但し、ヌードではありません。



私はR18といったものには殆どと言って良いほど興味がありません。

ギャグなら別ですけれども(笑)。






f:id:xmorimiyarikix:20210707034342j:plain




こちらは錆兎ですが目に6枚レイヤーを使用しました。

どうでしょうか。

錆兎は作中13歳で故人になっていますが、ファンの熱意により存命し成長した巷で『生存if』と呼ばれている空想上の錆兎です。



デジタルは始めて4ヶ月ということもあり、まだまだ素人の趣味の域を出ないイラストですが個人的には結構気に入っていたりします。

錆兎の着物もはだけていますが特に意味はありません。

暑くなって来ましたので絵の中で避暑しているのかも知れません。




追記になりますが、以前noteをやっていたことがあるのですけれども、目次を作ったり文字を大きくしたり、はてなよりも使い勝手が良かったです。



この文書はアプリを使用せずスマホのブラウザに直接書いているのですが、どうやって見出しを作ったりするのか全然わからないまま記しております(苦笑)。


絵も文書もぼちぼちと頑張りたいと思います。




それではまた、そのうちに_(_^_)_




最後まで目を通して頂きありがとうございました。