森宮里稀の日記

デジタルイラストをもっと上手に描きたい。他にアナログとか雑記とか

【鬼滅の刃】冨岡義勇 デジタルイラスト リメイク  ~木漏れ日~

 

こんにちは。

 

この度も、イラストのリメイクをしました。

 

水柱 冨岡義勇さんです。

 

 

前回の日記では、絵からいったん離れるかのようなことを書いていましたけれども、

どうやら続けるみたいです(苦笑)。

 

 

先ずは、元絵。

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210726231759p:plain

リメイク前

 

 

CLIP STUDIO PAINTの「木漏れ日ブラシ」というのを使ってみました。

 

素材を沢山ダウンロードできるので気に入っています。

 

 

今時は、アイビスで絵を描かれる方もとても多くなりましたね。

 

 

この義勇さん、一度、顔を描き直しています。

 

そのくらいで終了かなと思っていたんですが、キャラクターにオーバーレイでグラデーションをかけるという方法を知り、どうしてもやってみたくてこのイラストを選びました。

 

 

ですが、大きな問題が。

 

すでにレイヤーをひとつに統合してしまっていました。

 

 

そんな時のなげなわツールです。

 

イラストのコピーを作ってなげなわでキャラクターをかこみ、選択した部分以外を消去。

 

そうしてグラデーションをかけ、好きな透明度に調整します。

 

 

こういう時などにもデジタルイラスの魅力を感じます。

 

 

 

出来上りが、こちらのイラストになります。

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210726231723j:plain

リメイク後

 

髪や顔も背景になじんでいるので、更に何かひと工夫しないとならないのでしょうが、試したかったことがまたひとつ出来たということで良しとしておきます。

 

 

・追記

ふと、全体にオーバーレイをかけた場合はどうなるのだろうかと思い実際にやってみました。

 

f:id:xmorimiyarikix:20210727051146j:plain

全体にオーバーレイをかけた場合

 

微妙な差ですが、どうもこれが一番見栄えがする感じがします。

 

尚、グラデーションはオレンジから紫にしています。

 

vtuberとして活躍されているプロのイラストレーターさんの動画を参考にさせて頂きました。

 

これからも一歩一歩知識を習得しながら絵を描いて行きたいと思っています。

 

 

 

それでは、そうちにまた<(_ _)>

 

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。

 

 

私に絵を描く理由は必要ない

 

こんにちは。

 

 

今日もイラストの整理をしていました。

 

あくまでも整理です。

 

新しい絵を描きたいという気分になりません。

 

 

SNS疲れは良く起こすのでそれかも知れませし、夏のむしむしとした過ごしにくい気候のせいかも知れませんし、早くも一丁前にスランプに陥ったとか…etc.

 

 

いちいち掘り下げても仕方がないような、でも深刻な感じではなく、どこか知らない所へ遠出しなくてはならないのについ地図を忘れて来てしまったような飄々とした気さえします。

 

 

この心境についてはさておき、いくら絵を描かなくても嫌いにはならないでしょう。

 

絵を描く理由が必要な方達もいるようですが、私には幸いそいういったものが不要です。

 

 

恐らくは、そのうちに具体的な形にならない絵であったとしても何かは描いているだろうと思います。

 

願わくば、変わらずデジタルイラストであって欲しいですが。

 

 

 

先程、こちらのイラストを少し手直ししていました。

 

色トレスでレイヤーを複製することから始める方法がありますけど、途中で何かを間違えたらしくて、ムラのある水彩画のような雰囲気で、しかも汚い部分があちこちに出てしまったという可哀想なことをしたものです。

 

描いたのはデジタルを始めてそう経っていなかった頃だと思うので、3月から4月の間のイラストです。

 

f:id:xmorimiyarikix:20210722223249p:plain

髪を短く切った冨岡義勇さんと錆兎。

 

 

ありふれた、上手いとかお世辞にも形容出来ない作品ですが、不思議と好きで仕方ないんです。

 

義勇さんが乙女チックなところは、私に限っては多分無関係だとは思いますけれども(苦笑)。

 

ただ、この二人の組み合わせは物凄く大好きです。

 

 

 

あとは、Instagramにいた頃に描いたアナログイラストを載せて終わりにしたいと思います。

 

鬼滅の刃』単行本5巻の表紙をアニメ風にアレンジして描いたものです。

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210722225907j:plain

 水柱 冨岡義勇

 

 

それでは、そのうちにまた<(_ _)>

 

 

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。

 

 

【鬼滅の刃】冨岡義勇 デジタルイラスト リメイク


~今日も今日とてデジ絵リメイク~

 

 

こんにちは。

 

 

今回は、鬼滅の刃、水柱 冨岡義勇さん単体の二次創作デジタルイラストのリメイクを載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今月、Twitterに投稿したのがこちら。

 

だいぶ自分色が入った微妙な絵面になっているのが気になります。

 

因みに、自分色が入っていることよりも、微妙な感じがしてしまうことが問題です。

 

 

プロになりたいといった目標は立ててはいませんが(おこがましい)、いくら一見上手く見えても素人の絵は素人のものと分かってしまうのだそうです。

 

その辺りは極力克服する方向で行きたいなと考えています。

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719064709j:plain

水柱 冨岡義勇。7月4日にツイートしたもの

 

 

 

・気になるところをチェック

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719083713j:plain

 

 

① 髪のハイライトはこういう形では入らない。

 

② もう少し左目と大きさを合わせたい。

 

③ 上唇はここまで厚くしなくていい。

 

③ 光源が左斜め上だとすると、この場所に影は入らない。特に羽織の脇の外側。

 

 

 

 

・では、描き直し

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719154110p:plain

リメイク後



 

冨岡義勇さんには無表情が似合いますが、最近おぼえた目の描き込みも取り入れてみました。

 

男性なので女性キャラのようにキラキラしていなくて良いんですが、義勇さんは目と黒目(日本人なのに青い目の持ち主ですが)が大きいので以前よりも描き込み量を増やしてみました。

 

 

 

f:id:xmorimiyarikix:20210719155232p:plain

目元のアップ

スマホの場合、見にくいので少し拡大してみて下さい

 

 顔をアップにしたイラストではないので、ここまでの描き込みは必要ないと言われそうですが、色々なプロのイラストレーターの方々の絵や意見を参考にさせて頂いています。

 

今は、youtubeでデジタルイラストについての動画を気軽に観られるので良い時代だなと思います。

 

 

 

 

・ここで、ちょっと冨岡義勇さんについてのお話

 

こんなにも原作とアニメで顔つきが異なるキャラクターというのも前代未聞でしょうけれど、パッと見よりも案外と縦にも目が大きいです。

 

アニメでは、ボリュームのある独特な顔に覆いかぶさるような癖っ毛で、その影が目のほぼ半分近くにまでかかっています。

 

その為、さほどぱっちりとした目の持ち主だとの印象がありません。

 

暗い過去を一人きりで内面に抱え込んだ寡黙なキャラだというのが外見からも伺えます。

 

原作からどのような案によりキャラクター設定されたのか定かではありませんが、関わったアニメーターの方々を尊敬せざるを得ません。

 

 

 

 

・早く言ってほしかったと思ったこと

 

 話が変わりまして、つい一昨日知ってショックをうけたことがありました。

 

お絵描きソフト CLIP STUDIO PAINTと、今時流行りのアイビスペイントやメディパンの大きな違いは「ベクターレイヤー」があるかないかです。

 

ベクターレイヤーは線画を描くのに特化したレイヤーで、線が制御点で管理されているので拡大しても劣化しないという特徴があります。

 

CLIP STUDIO PAINTを使用している以上、線画はベクターレイヤーに描くものだと思い4ヶ月前から頑張って来た訳なのですが、ある尊敬している内のイラストレーターさんが、時間がかかりすぎて大変だったという理由から図形などを描いたりする以外はラスターレイヤーを使っていることが判明。

 

今現在も悶々としております。

 

これは自分で検証して、やはりベクターレイヤーが良いのか、それともラスターレイヤーのほうが好ましいのか決めるしかないですね。

 

 

 

 

それにしても、本当にお絵描き人口が増えましたね。

 

私もその一端をになっている一人だというのが一番信じがたかったりしますが。

 

 

 

 

それでは、そのうちにまた<(_ _)>

 

 

 

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。